☆しんかなのブログ☆

元学校の先生、無職、そして母になる。〜世の中への社会研究〜

滅びゆく?同い年の友達

「究極、年齢なんて関係ないってことになるよね」

 

同い年、同世代の友達。

出会いは、たいがい地域の保育園幼稚園学校であろうか。

大学専門学校もそうか。
そういう、同い年のコミュニティに所属してるときは、
「同い年」「1個下」「1個上」にこだわる。
敬語、立ち振舞いも気にする。
 
でも異年齢のコミュニティに所属する社会人になったらどうでしょう? 

オフィス。

そこでも同期、上司、部下。勤続年数、社会的地位にこだわるか。

 

でもでも、所属するコミュニティが対等、フラットだったら? 

みんな一人の人間。役職なんてない。ただの友達。

敬語を使おうが、使わまいが、ただの友達。

それってすごく居心地が良いと思う。

むしろ同い年のコミュニティはお互い比べたりしてライバル関係があって窮屈かも。←私は「同い年って苦手」って思うときは大体ここ!

 
またまた、フラットであるないにせよ、自分の今の大事にしたいこと、
同じ目標や価値観をもつコミュニティがあったとする。
そしたら、大事にしてきた腐れ縁の、
(でなくても)同い年の、古い友達とは疎遠になるかもしれない。
それでも、地元のツレとは変わらず飲み歩くべきか。
 

最近ある人が私に

「あなた方の年代は(同い年のコミュニティに所属しない20代~40代)、

自分自身のことを見つめ直す時期で余裕がないから、

友達関係は変動するものだ」

と言った。

聞いた時妙にしっくり来た。
 
私の理解では、これはこういうこと。
同い年のコミュニティに所属してるときは、
同い年っていうだけの価値観で極端に言えばだけど仲良くなれる。

でも、同い年ってことは、ライフステージも似通ってくる。

仕事が楽しい時期、結婚、出産、子育ての時期。

それがリンクしない時期の同い年とは自然と疎遠になる傾向がある

友達でなくなるわけではないけれど、
それぞれ個人が求めている価値観の友達が新たにできる。
 
同い年だから仲良くし(続け)なきゃいけないことはない、
異年齢でも友達になれるということだ。
 
そう言えば、私達夫婦は同い年ではない。
年上年下と異年齢カップルである。でも、あまり年齢を気にしたことはない。
最近仲良くなる人はほとんど同い年ではない。

でも、年齢なんてどうでもいいんじゃと思っている。

私がオフィスに所属しない人間だからよりそう思うのかもしれない。

オフィスにいたら、同い年だから、年下だから、という意識があり、

プライベートでも年齢を気にして友達と接しているだろう。

 

実際、30をすぎて、

ライフスタイルの変動からなのか同い年の友達が年々減っている、

疎遠になっていると感じる。

結婚したら、独身の友達との付き合いは減ったし、
退職したら、キャリアウーマンの友達は減ったし、
子育てに入ったらますます同い年の友達と疎遠になるだろう。
逆に再び仲良くなる友達もいるだろう。
 
お互いがいやになった、私の中では友達でなくなるわけではないけれど、
そんなものなのだと思う。
 
あー仲良かったのに連絡とってないなあということが、ここ数年よくある。
これからも、こんな感じでふっ、と寂しくなるのだろうか、、、。
 
ただでさえ同い年の友達がいないのに(笑)
地元のツレ、っていう言葉を一度使ってみたい。
でも、まあいいのか。そんなもんで。私はそういう人なのだから。
 

これまでを振りかえると、自分から友達に連絡しないと疎遠になる。

連絡先が分からなくなる。たまに連絡をくれる友達もいるけど💦

それだけ私も相手も変動が多く余裕がないのかもしれないけど。

 

お互い新しいライフステージにすすむかもしれませんが、

今後、疎遠になりたくない人は連絡ください(笑)

 
やっぱり今回書いてて思った。

私、友達って少ない。というかいないんだわと(笑)

 

 

お花畑タイプの子どもだった私[心屋仁之助さんの著書より]

「お母さんを悲しませたくない、という呪い」

 

今朝、たまたま心屋仁之助さんの著書「お母さんが幸せになる子育て」

を読んでいました。

bookmeter.com

 
そこで、お母さんは知らず知らずのうちに、
自分が思うような子どもになってほしい、という呪いをかけるとあり、
さらにそれは子どもが大人になってからも脳内に住み着くそうです
 
そして、子どもは「大まかに」2タイプに分けられるそうで、

無邪気でマイペース、空気が読めない、没頭型の

お花畑スポットタイプ」と

聞き分けがよく知的、空気が読める、要領よしの

ちゃきちゃきマルチタイプ」がいるとのことで、

もちろん幼稚園や学校、子育て現場で「いい子」と言われるのは、

ちゃきちゃきタイプです。

大人になってもこれらのタイプは一緒です。
 
特にちゃきちゃきタイプのお母さんは、常々、
お花畑タイプの子どもにイライラしたり悲しんだりすることになります。

結果、お花畑タイプは

「お母さん(目の前の人)が怒らないように」

「お母さんが悲しまないように」

目の前の空気を読めるよう「ちゃきちゃきアプリ」をインストールし、

大人になっても「がんばらなきゃ」と呪われ続けるそうです(極端❓笑)

 
そんなお花畑タイプは、いろんな人やいろんな社会で
「気遣いができない」「しっかりして」と叱られたり、
あまり褒められることがないので、自己肯定感が低くくなりがちだそうです。
 

二つのタイプの一番分かりやすい見分け方は、

頭が真っ白になるかならないか」です。

注意されて、何言ってるんだろうと一瞬でも真っ白になる、

理解が遅いのはお花畑タイプです。

お花畑タイプは、自分の中で落としこめていないことはフリーズします。

 
ちゃきちゃきタイプは、褒められることが多い分、
ストレスやプレッシャーがかかりがちだったり、お花畑タイプを責めがちだったり、
こちらの子どもは子どもでまた悩みはあります。
ただ、著書にはあまりこちらの呪いは記されていませんでした。
 

はい、本題にうつると(笑)、私はお花畑タイプの子ども(大人)です。

ちゃきちゃきタイプの、特にいわゆる、デキル女性と仕事をすると、

相性が悪いのか、すごくイライラさせてしまいます😅

そのへん、感情コントロールできるのが、
真のデキル女性と思いますが、なかなかそういう方は珍しいというか。
所以に、私はちゃきちゃき女子が多い学校の先生や、
会社勤めは向かないと経験上からも昔からも自負しています。
 
 
私の友人は、お花畑もちゃきちゃきもいますが、ちゃきちゃきも結構います。
プライベートでは仲良くできますが、仕事ではきっと対立するだろうなーとは
よく思います(笑)
 

お花畑タイプとしては、対立する気はさらさらないのですが、

むしろ気を遣いまくってる(つもりな)のですが、逆効果という(笑)

 
私の母は、ちゃきちゃきタイプでもお花畑タイプでもないと思います。
どちらかと言うと、ちゃきちゃきタイプだけどお花畑の友達が多いタイプ。
(実際の友達のタイプは知りませんが、
私に対して、お花畑は仕方ない、苦労するよねというスタンスです)

母に、すっごく怒られたこともないです。

ただ要領が悪いし、人付き合いが下手、

そのくせ聞き分けがよくない、

自分で決めたことをやりたいんだと主張するので、

たびたび悲しませていたかなーとは小さい頃から感じていました。

 
まず、言語の発達がのんびりしていました。
2歳まで喋らない。だんまり無口。
保育園のクラス便りの、ひとりひとりの月の様子では、友達と遊んでいます、
お絵かきが得意になりました、とお友達が書いてあるなかで、

しんかなちゃんは、いつも一人で遊んでいます」

とぽつんと書かれていました。

実家にまだその便りは色あせることなく保管されていますが、
その記述は他の子どもから明らかに浮いていて面白いです(笑)
ママ友の子ども、お友達に対して困らせる発言をして、
母が私に代わりに謝っていることもちょいちょいありました。
 

まあ、さすがKY 線の手相を持つ女なんですが(笑)

あまり、母に褒められた記憶がないという子ども時代でした。

そうして自分が王様だった気分の幼少期を過ぎると、
同世代の子どもから色々と洗礼を受けるわけです。
 
そこで、友達関係のいざこざがあっても、
お母さんを悲しませたくないという思いが先行して内緒にしたり、
相手が怒るのは自分が悪いのかなと責めたり、
自信がなくなったりという心の癖がついたりしました。
 

胸の内に、「私は私のままでいいんだよと認められたいなあ」

と秘めながら大人になりました。

別に母が認めてなかったわけでも、周りに認めていない人ばかりだったわけでもないとは思いますが💦ゃないと寂しくて今生きていないです😿
 
そうです。

たまたま、この著書にもお花畑タイプの子どもには、

失敗してもありのままを認めることが大事と書いてありました。

ちゃきちゃきタイプでもそうなんでしょうが、自分のことを振り返ってみて、

子どもはお母さんに認められたい(受け止めてほしい)」よね、

と納得したのでした☺✨

 
途中で触れたように、

「いい子」って、聞き分けのいい子ども、だけじゃないと思うのです。

マイペースだって、空気が読めない子どもだって、受け止めてほしい。

でも大人って、集団生活の場では、そういう子どもを阻害しがち。

手がかかるし、効率よく物事が進まないし。

 
お、工業化❓近代化❓のキーワードが今、頭に浮かびました。

子育てって、もっと長い目で、ゆとりを持ってするほうがいいのかも。

それが、楽な、「お母さんが幸せになる子育て」ってことなのかも。

 
以上、そんなことを考えたのでした。
 

みなさんは、どっちタイプですか?

お子さんはどっちタイプですか?

また、教えてくださいー⭐️

 

半年に一回は占いに行ってしまう症候群

「台風とオレオマフィンの間に吹かれて」

 

昨日から台風7号🌀☔かあ、2日も出かけられないのかあ。。。

つまんない。
近所ふらふらコースかあ🚶‍♀️
 
しかし、読む本も裁縫も一段落ついてしまった私に出かけられない、
という選択肢はなく。

昨夜から、一度も食べたことがないオレオマフィン💕を食べたい、

作るか?食べに行くか?どちらが合理的か、と悶々としていました。
同時に月に一回、自爪のセルフケア(P○nasonicの電動ネイルケアを使用)を
しているのですが、その時手相が気になって気になって(笑)

最近、手相が変わったような? なんだ、この線は?

よく当たる占い師に占ってもらいたい。。。

 
台風の接近と2つの欲望がむくむく膨らんできたわけです。
そして、いざ実行にうつりました💡
オレオマフィンは、でぃーん○んどでるかが有名だけど、1つ324円とちと高い。
家で作れば、オレオと卵とホケミ(ホットケーキミックス)か薄力粉、
マフィンの型の購入が不可欠。
じゃあセ○アでも500円はかかる。
作る手間と片付けがめんどくさい。
1つ以上できるが、そんなたくさんはいらない。

オレオはカロリーが確か1枚か2枚で120キロカロリーと超絶高いし。。

てか、マフィンの飾りだけで何カロリーやねん。

しかも中にもオレオだし、、、。

 
ならば、占いの帰りにオレオマフィンを食べれば片付けもいらない。
持ち帰りはゴミになる。
これは、カフェコース決定かあ✨
 
ということで、手相占いを満喫し、でぃーん○んどでるかに寄ることに決めました😍
私の苦手な激甘、海外の濃厚な味でしたが無事食べられたことに満足しました😃✌
あんなに濃厚なら、手作りよりカロリー凄まじいし、夜は、ヘルシーにしよう。
♪サラダーサラダー🍅(たらこたらこ〜のリズムで歌っています)
 

f:id:shinkanacchann:20180705175025j:plain

 

手相は面白かったです。

半年に一回くらい行きたくなるんですが

(たぶん、占い師さんと話すのが好き)、

手相だけは初めてでした✋

思議なことに生年月日で占ったときと同じことを言われました(笑)

 

天才か変人の手相。

(感情線(一番上)と頭脳線(真ん中)が離れている珍しい手相 KY 線とも言う)
主張型
頭がいい
世話焼き
すぐに敵か味方か人を判断する

意外と用心深い

意外と神経質
晩婚型
好き嫌いははっきり言うが、人には優しい
お金には困らない
自営業向き(共同でなく一人でやる)
イデア豊富
会社に勤めるのは向かない

お金の管理ができる

投資を始めると良い

空想好き

頭の中で考えは巡り計算するが、行動はすぐにしない
自分に自信はない
芯は強い
しっかり者
 
うん、大体生年月日(四柱推命)と一緒でした(笑)💦
合ってるか合ってないかは自分では判断できない。。。
占いは統計学だし、占い師さんも人を見る目があるからなんだろうなと思うのですが、完璧に鵜呑みはできないけれど、面白くて定期的に占ってもらいたくなります。

たまに、占い師さんで占いというより、

これは人生の先輩としてのアドバイスなんじゃ❓という方もいますが

今日は手相から読んでる感じだったので良かったかなあと。

 
投資❓とかお金の管理ができるは初めて聞いた結果でした。
そうなのか、どんぶり勘定の私が(笑)
天下をとる?ますかけ線(三つの線が橋渡しでつながる M字になる)が
出来はじめているらしく、それがお金の潤いにつながるとかなんとか。
ふむふむ。
右が今、左が天性の手相らしく、右だけにますかけ線が出来はじめているようです。
左ではまだ結婚できていないみたいです。

結構、右左違うのね、ということにも気づきました。

運命に逆らっているみたい。

やっぱり人生は自分で切り開くものなのかもしれない。

 
というわけで、ゆるりと一日を振り返りブログの更新と致しました💕
オレオマフィンは、もういいかなあ(笑)占いも半年後やります。
 

でぃーん○んどでるかに昨日から発売の夏の限定メッシュトート👜

購入に悩んでる人がちらほらいました。

 

f:id:shinkanacchann:20180705175108j:plain

 
私、赤(朱)色好きだしなあー(昨年は黄色)でも高いしなあ、透けちゃうしなあ、
透けないトートがいいかなあ、あー限定ってそそられるけど、
そもそもブランドわかる小物が好きじゃないしなあ、ディーンフジオカfanでないし笑
と思いながら買わずに帰ります。
また欲しくなれば買うかもですが。完売してるかもですが。
 
とりあえず、本日はミッションコンプリートしましたしね😃✌
 
※でぃーん⚪︎んどでるか(DEAN&DELUCA)では、

オレオマフィンの正式名称は「チョコレートクラッシュマフィン」です。

私は、オレオマフィンと読んでいるまでです、念のため☺
 
 

 

自分が決める、自分が責任を引き受けるということ

「そういう意味では弱い生き方」

 

〜先生(世間的に定評のある人)が言うから。

みんなやってるから。

 
これが判断の基準になっている人からすると、
これに当てはまらない人は逸脱者で、非難されたり、
「宗教」呼ばわりされるのでしょうか。
 
私は、自分が決めることを大事にしたいと思っていて、
人の話に耳を傾けないわけではないけれど、納得しないことはしたくないと思う。
せざるを得ないとき、嫌々ながらやるときもあるけれど、それは大抵失敗に終わる。
 
すごく当たり前のことを言っていて、みんなそうだよ、
自分だけ特別じゃないでしょ、と感じられる方もいるかもしれません。
 

でも、〜先生が言うから、みんながやってるから、で選択するほうが

簡単で陥りがちだと思うんです、生きてて生きやすいし。

それが間違いってわけではないです。
私も時にそれを選ぶときもあるし、あったし。
 

ただ、それは自分で責任を引き受けていないんじゃないかってことです。

〜先生やみんなのせいにしてしまわないか、ということです。

 
私は短いちっぽけな人生で、特に退職してから自分が決める、
自分が責任を引き受けると意識してきました。
全然できてないかもしれないけれど、とか言って結果逃げ出すのもありですが、
この生き方って苦しいし、人間って弱いなあと感じることが増えました。
 
失敗❓が増えるし、意見なのか非難なのかを受け止めないといけないし、
モデルがいたらそこを目指せばいいし、みんながやってるからで安心なのに。
そもそも、そちらのほうが「宗教」だと思うし、
強い生き方なのではないかと感じます。
 
自分がどう思うのか、感じるのか。何を信じたいのか。
日々迷い、問答を繰り返す生き方は、
自分(に自信)がないと言われても仕方ないことだとは思います。
 

ただ、そういう弱い生き方をしているので、

そう思われる責任も引き受けるしかないのです( ̄▽ ̄;)

 
何が言いたいんだ?って話ですよね(笑)
 
つまり、まとめると。。。
 
みんなと同じが無難。楽。責任あるようでない。
 
自分が決めるのしんどい。
 
でも、そうやって生きていくよ。
 
しんどいけどさ。
 
という宣言⁉
 
そして、こんな弱い人間だけどよろしく、というアピールです。
 
誰かを非難してるわけではありません。
非難するとすれば、あくまで弱い自分ですね。
 
毎晩、寝汗がすごくて、本日はベタベタで早朝に目が覚めて着替えました。
扇風機入れてるのになあ。。暑いですね💦
お腹が重くなってきて動作が辛くなってきました。
存在感が出てきました。
夏だからか、パイナップルから立派なスイカに進化しています(笑)
重たい。。。
 
夏を乗り切るのが思いやられます。
 
 
 
 
 
 
 

 

形から入る

「プランを立てるのも好きだけれど、適当もいい」

 

「出産まで時間がない」と色々焦っていたわけですが、

そうすると色々疲れてしまって。

胎動もすっごく静かになって感じなくなって。

「生きてる?」と心配になる一週間でした(笑)

ブログの更新も止まり、代わりにインスタで更新していました。

多分、産後1ヶ月はブログはお休みで、適度なインスタ更新になる予定です。

(予定は未定。どうなることやら)

 

私、何にもできてないんじゃないか(そんなことはないはず)と思うと、

とにかく目に見える成果物を!!と思い、

ベビーグッズを揃え、

ベビーグッズを1日で完成させるという強行(笑)

f:id:shinkanacchann:20180701131736j:plain

バリィさんと新生児の頭は同じ

 

ミシンがないから、手縫いはすっごく面倒でした(^^;;

ミシンを使いこなす自信もないけれど。

なんだ、サテンステッチ? はしご縫い? これでいいのか?

と考えていると雑念がいい意味で取り払われてよかったかなーと。

くまのガラガラは、「さるぼぼ」にしか見えず!!(爆)

f:id:shinkanacchann:20180701131810j:plain

さるぼぼのくま

もうええわww

盛大に「ぽいぽい」「よだれダー」してくれれば。

 

本題に戻ると、

「形から入る」の好きですよ。

身が引き締まるというか、覚悟できたような気がするから。

「プランを立てる」のもワクワクするので好きです。

最近になって、つけるはずないんじゃ?という手書きの

日々のマタニティ日記始めました。

体重書いて、お腹の様子なんやらを書くという。

 

しかし、すでに2日ぐらい書いていないです。

すっごく小さなメモ帳なのに。

やっぱり、検診ごとにエコー写真と一緒にが続きますね。

昔から、手書きのスケジュール帳は1年に数回買い換えていました。

すぐに修正が入って、カレンダーが真っ黒になって、

もしくは修正テープでいろんなところがまだらになって

予定が分からなくなるんです(笑)

で、ここ数年はケータイのスケジュール見てます。

見やすい。買い換えなくていいし。

 

昨日は、晴れていたから洗濯物を干したのに、

乾いたし、そろそろ取り込もう!と思った矢先に、

夕立に遭い、びしゃびしゃで本日やり直し☂️

思った通りに事は進まないですね。

 

ついつい、予期できぬ事にイライラしたりして、

「せっかくのプランがーーーーーーーーーー!!!」

となりますが、「適当さ」も大事だということで。

 

7月に入ったし(また、形から入るw)、

もうちょっと楽に生きます。

 

生きてるだけで丸儲け。

「いまる」って、いい名前ー。

「いまる」って名前はつけませんが(笑)

 

 

近況報告~涙ありのマタニティ生活編

 「楽してるなんて思われたくない?思いたいのは自分だけ」

やっと、教員免許更新講習の通信教育レポートから解放されました💕

短期詰め込みです。

再提出あるかもしれないけれど、試験は産前産後2回受けられそうです✨

産前で落ちたら、産後受けます。blogもお休みしていましたが再開ですー👍


安定期も終了に近づいています。

お腹も小さいほうですが(服装によっては気づかれない)、

お腹が大きくなり胎動も感じられるようになり、

日常の動作がしんどいです。

お風呂で足を洗うのが辛い。階段の登りが疲れる。

しゃかんで座るのが、よいしょ(笑)朝起きたら、足がつる。

仰向けで寝るのが息苦しい。なんだか息苦しくて寝るのに時間がかかる。

すぐにお腹がすく。お腹がグーグー成る。など変化が見られます。


体重は妊娠前から+1.5キロ。

6ヶ月まで体重増減なしでしたが、

7ヶ月検診で助産師さんに月1キロまでなのに0.5キロ多い😾💢と注意を受けました。

赤ちゃん1キロあるのに、厳しすぎないか( ̄▽ ̄;)💨

と思わず言い返したりしました。

元が細い人は大したことないんだろうなー。

ああ、太ってもいい量が少なすぎる(笑)

体重管理は全然していませんが、気を付けたほうがよさそうですね。

これから、空気吸っても太るらしいので。


本題に入ると、

私、専業主婦の妊婦だからストイックにならなきゃって思ってる節が

っとあったなと。今更ながら再再再確認してて。

働いてないんだから家事しなきゃ❕、

通信教育のレポートぐらい早く仕上げなきゃ、

赤ちゃんとの生活のためにベビーグッズ一覧作らなきゃ、

産後のお世話頼む人の手配とかとか。

全部自分でやらなきゃ、楽してるって人に思われたくない。

リラックマになってはいけない!

たれぱんだになってもいけないんだ(笑)と言い聞かせて。

 


ということで、

人に会う予定詰めてみたり、今できることはしとかないと💡

みたいな感じで。
でも、それがことごとく頑張りすぎじゃないの❓考えてること違う気がする、

みたいな反応が人から返ってくるというか(笑)💦

頭の中で先走って考えているのか。

溜まってきたのか、思わず、涙がちょちょぎれる事件が発生しまして。


ある日、

夫に今日これだけ行動した、考えた、できた、と報告をすると、

「別に君が毎日楽して暮らしてるとは思ってないよ」

と返ってきて。

思わず、涙がダーッ、、、ですよ( ;∀;)

情けなかったんですよ、なんだか。


そう、情緒不安定。卑屈。

というより、根本は私に専業主婦軽視の意識があるから。

専業主婦って楽じゃん。子どもいないんだから。

外で仕事してないんだから。

※他人に関しては思わないのですが、

自分が専業主婦であることが許せないんですよね。

(これは、実親が専業主婦になりたいなあとぼやいていたのを聞いてきた影響かも)

 

 

てか、別に外で仕事したくないわけじゃないよ。

ただやりたいものがないだけ。

あとは、根本に男尊女卑の思想があって。

あんまり認めたくはないけれど、女って損だー半人前みたいな。

たとえば、私が先生を退職して色々やりたくても妊娠出産子育てになると、

無理してでもやれなくなっちゃう。男っていいよなー身体に制限なくて。

あーあ。なんやねん。みたいな。男性は男性でしがらみはあるんですけど・・・


という、根深い社会からの価値観の植え付けなのか。

女性性を大切にしない教育?を受けてきた結果なのか。。。

いざ、仕事を辞めたらどう生きていいかわからんみたいな。

学校って、女性の生き方を教えてくれない。

サラリーウーマンになる方法はわかるんだけど。

育休とるとかね。家事と両立させて働くみたいなね。


専業主夫(婦)になりたい」

「仕事してなくていいなあ」

「社会に出たら厳しいんだ」とか、

冗談混じりの発言にいちいち傷ついてしまう自分がいる。

私自身が、別に言いたければいいじゃん、

私は私だし、って思えればいいのに。

 

 

 

 

 

 









アホみたい(笑)である。







もうええやんってなろう。

家事やってると言っているけれど、

料理も最近したいと思えない時期になっている。

しているけれど、たいしたものは作っていない。

しんどくなっている。

やらなくてもいいのかもしれない。


そう、大阪地震と梅雨で外にあまり行けてないからだ。

あと身体の変化のせいだ。あと日にちがないと思うからだ。

 

 

というより、自分のせいだから。

気楽に考えればいい話。




いみなんてなーい。いみなんてーない。


日曜に、ライブで聴いた歌詞が頭に流れている。

命の危機に何を思う?

「昨日も日常、今日も日常」

 

6月18日、月曜日の深夜はなぜか、朝まで眠れなかった。

昼寝をしたわけでもないのに、なんだか思い残したことがあるような気がして、

ベランダで夜になっても明るい都会の街並みをぼんやりと眺めていた。

 

そういや、実家からマンションに引っ越してきてから星を見上げていないなあ。

月は見えるけれど、常におびただしい数の店舗やマンションの常夜灯はともっている。

だから星がちっとも見えないんだよなあ。

次、住むならせめて、星が見える家に住みたいなあ。

ここじゃ、「星月夜」という単語を使わないまま人生を終えそうだ。

 

冷蔵庫のホワイトボードとペンを持ってきて、

出産までにやりたいこと、やるべきことを書ききって、

眠くはないけど、布団に体を横たえた。

 

やっと眠りについて夢を見始めた月曜日。

朝8時ごろ。

大きく揺さぶられてバチっと目が覚めた。

地震だ!!!!!

とりあえずテーブルの下へ隠れよう。

テレビをつけて地震速報を見よう。

うわあ、歩くとグラグラする。

 

大阪市北部で地震???!!!

えー、嘘だ。南海トラフじゃなくて?

まさか大阪で。

しかも今日なの?

うわーこの揺れ、阪神・淡路大震災ぶりに思い出す。

あの人も、あの子も、大丈夫かな?

どうなるんだろう。

このあと。今日1日。明日から。これから。

無事出産できるかな?

育てられるかな?

 

あ、おさまった。

部屋に物が落ちたりはしていない、壁に亀裂はない。

大丈夫。

情報を得たい。

あ、大変なことになっている。

 

テレビを観ていると、そのうち関西の交通機関がストップし始めた。

ベランダから外を見る。

駅が封鎖されてたくさんの人たちが立ち往生している。

外に出ようと必要最低限の貴重品を持つ。

エレベーター前に行く。

緊急停止で動いていない。

高層階なのに今日は1日階段か。

ケータイを片手に連絡している人。

目的地に向かって歩き出す人。

いつもとは違う朝の風景。

 

昨夜からの不可思議な睡眠不足。

たまたまだと思うけれど。

眠い。でも寝直していいのか。

いや、そんな気になれない。

シャワーも浴びたい。

いや、そんな場合か。

火を使ってハンバーグを作りたい。

いや、今日は火は使わない献立にしようよ。

免許更新のレポートやらなきゃ。

でもこれが私の最期になったらどうしよう。

やりたいことなのかな?

やりたいことやったほうがいいんじゃないの?

食べたいもの食べて、眠いなら寝て。

 

やりたいこと?

やるべきこと?

どっちが大事なの?

昨夜のホワイトボードを見つめる。

 

結局、

6課題中2課題目のレポート2000字を文句を言いながら書きあげ、

いつもより手早く風呂にも入り、ハンバーグも作りました。

そして寝ていいのかと、ビクビクしながらまた眠りにつき、

今朝も昨日より鈍い余震で目が覚めました。

心臓に悪い。

でも昨日よりはいつもの日常だ。

 

ベランダから外を見ると人は立ち往生することなく

スムーズに流れている。

店もオープン準備で掃除を始めている。

昨日も日常だけれど。

 

やりたいこと、やるべきこと。

どちらも大事だ。日常だ。

地震でなくても命の危機は常に控えている。

私はやりたいこと、やるべきことと向き合って生きてるんだな。

 

読んで不謹慎に感じる人がいたらすみません。