☆しんかなのブログ☆

元学校の先生、無職、そして母になる。〜世の中への社会研究〜

元同僚に会ってしまったら?

「思考は現実になる」

 

思考は現実になる、は本当かも。

いや本当だなとよく思う。

 
人は現実を自分の見たいように見る。
それもそうだよなと思う。
 
学校の先生を辞めて一年経つまでは、生徒や先生(同僚)に会いたくなかったです。
街歩いてて、結構びくびくしていました(笑)
恥だなー、バカにされてるなー、負け組だなー、とかずっと妄想していました(笑)💦
 
今年に入って、偶然入ったコンビニで旅行に行く仲だった先生に会いました。
ゲゲゲ、鬼太郎と思わずのけぞりました(笑)
 
先生「久しぶりですー先生辞めたんですね。
うらやましいなーいやー私も辞めたいんですけどね」
私「元気で何よりですー」
(いや、辞められないでしょ(笑)辞めるならすぐに辞めたらいいのに)
 
と別れたわけですが。意外と平気でした。
お世辞かもですが、もしかして私ってうらやましい存在なのか。
辞めたくても辞めない人多いもんな。
 

それ以来

「辞めたことが恥ずかしいー会いたくない」と気にしなくなりました。

私の代わりに先生業をやってくれてる人たちが、

世の中にはたくさんいることに安心、感謝したい気持ち✨に。

 
お金の不安で妬んだり、完全なる専業主婦だから社会的な価値が低いとか
卑屈になっても仕方ない。そんな不安は思い込みだ❕
自分でつくった妄想。被害妄想。
 
私は先生以外で活躍したらいいじゃないか。
先生以外で仕事したらいいじゃないか。
そのために辞めたんでしょ? 

というか辞めて1年色々動いたじゃないか👍 

体の調子も落ち着いたし、今から動けるじゃないか。

というより、ずっと私は頑張ってるじゃないか。

 
なーんだ(^ー^)
ぱーんだ🍞
 

自分を自分でバカにしていたのか。

すでに私は金持ちになっていたし、すごい人になっていたようです。

 
うわ何言ってんだ、この人? と思う人はそういうふうに私をとらえたい人です。
あー分かるー と思う人はそういうふうに私をとらえたい人です。
 
どちらが正しい間違っているはないです。
2つ以外でも、もちろん◯です。
 

問題を問題にして騒いでいたのは、自分だった。

私が問題にしなくても地球は回っている。