☆しんかなのブログ☆

元学校の先生、無職、そして母になる。〜世の中への社会研究〜

スマッシュしたけどノーコンでアウトになりたい

「コントロール過敏症ゆえの憂鬱」

今日、産婦人科でマタニティヨガ体験がありました。
ヨガの合間、合間にお産のアドバイスがあるのですが、

いつもながら妊婦への「不安」「脅し」のように感じてしまうんです。

そんな私はひねくれ坊主なんじゃないかなってよく思うんですが、
思ってしまうのは仕方ないですよね( ;∀;)
 
たいした話じゃないんです。

「お産は死ぬほど痛い。怖いと思うよね。思うでしょ、ね(笑)」

「でもね、大丈夫。ちゃんとヨガとか体動かしてれば。

みんな怖いけど産んでるから大丈夫、任せて」

っていうよくあるアドバイスで。

経産婦から初産婦へのアドバイスみたいなやつです。
 

不安を煽る➡不安の共有➡脅し➡言うとおりにしなさい

学校の先生が、高校受験で内申点が低いと失敗すると、

生徒全体を不安にさせて授業中が異様に静かになる構図と似てる(笑)💦

安に思ってない生徒がいたら、「え?」っていう周りの空気、同調圧力
不安にならなきゃおかしいぞ~って。
 

アンチ産婦人科でも、アンチ学校でも私はありません。

私がただ、コントロール過敏症なだけです。

かつて、自分が教壇にいた時の違和感がこびりついているんです、きっと。
 
ある日、突然気づくんです。
「私、なんで子どもを思い通りに動かそうとしてるんだろう。変だな」
「子どもの可能性を潰している?」
数年経ち、気づけば、退職していました。
 

はい、実は憂鬱に思ってることがあります。

コントロール過敏症ゆえに。

不登校の、自分を生きる子どもと関わってきたゆえに。

私は、「しつけ」できるのでしょうか(笑)❔

 
身内や友達の子どもにたいしては、
いつもコントロールは辞めようと意識して接しています。
(その子の親にとっては、もっと言え❕しつけしろかもなー)
 
しつけしたい、とは思ってないですが、
生活習慣、知らないことは教える必要があるし、世の中が親なんだからやれ❕
言え❕しつけろ❕って圧力かけてきますよね?
大体3歳までに、平均3万語の否定語(だめ、こら、など)
世のお母さんは言うんだとか。。。
 
どんな子どもが産まれるか分かりませんが、

不安ではないけれど、産後、言うべき言いたくない、

言いたいでも言わないべき で悩むんだろうなー🍍

 
とりあえず、まあ
ミシェル・フーコーの説によると
今ある学校も刑務所も病院もすべて
「近代化の軍隊育成」の考えのもとできた場所らしいです📚
 
だから個人の意志の尊重より
集団の意志の統率に重きがおかれる。
近代にできた学校が新世代の子どもに合わなくなるのもおかしくない話なわけですね。不登校を選択する子どもが年々増えるのは納得できます。
 

ああコントロールされたくないし、

コントロールするのもいやだ。

大人だけど、そう思います(笑)🌿