☆しんかなのブログ☆

元学校の先生、無職、そして母になる。〜世の中への社会研究〜

哲学者のふりも科学者のふりもするな

「カチカチあたまになってるぜい」

くどうなおこさんのお話「てつがくのらいおん」では、
らいおんが、いつも腕組みをして何か考え事をしているようだ。
何してるの? と動物たちが尋ねると、てつがくしているんだ、と答える。
実はらいおんは、そのポーズをとることがてつがくしていると勘違いしている。
そんな微笑ましいオチのお話がある(笑)
 
私は頭がかたいのが科学的思考、頭がやわらかいのが哲学的思考だと考える。(ここではね)

①なぜ地球が丸いのか?➡why? 科学的

②いかに地球が丸いのか?➡how? 哲学的

 
①の解の導き方
歩いていても上に引っ張られることはない 重力の関係ほにゃららら ➡地球が丸い
 
②の解の導き方
地平線に向かって歩いていっても落ちることはない 同じ位置に戻る 
地球は球体であると考えたほうが都合がよい ➡地球が丸い
 
子どもの頃、やたらと「地球温暖化」問題がニュースになり、
地球が危ない」「再利用してごみを減らすべき」と大人から聞いた。
そういった問題を訴える子どものポスターは、地球が擬人化され、表情があるものが多かった。
 

ゴミだらけの状況の場合は地球が苦しみ、ゴミがない状況の場合は地球が笑っていた。

ふと違和感がよぎった。

「エコだエコだ」の世の流れで、リサイクルを心がけたり、エアコンの温度を下げたりしていた。
でもある時気づいた。
 

「地球でなく死ぬのは人間だ。地球は氷河期になったときもあったけど死んだのは恐竜だ」

頑張る意味が違うなと気づいたのだった。

地球のためじゃない、人間のためだった。だからあの絵で苦しむべきは人間だなと。

 
地球温暖化を食い止めるために問答
 
なぜ地球温暖化になるの?➡人間が二酸化炭素をたくさん排出するから
➡海水面が上昇する➡国が沈む➡地球が危ない(人間が危ない)
 
いかに地球温暖化になるの?➡人間が暮らすためには温暖化することが必要
人工増加や文明の発展食い止められない➡でも人間が危ない➡二酸化炭素を出さないようにしよう
 
大人になるにつれて、私はなぜ? を考えることが増えた。
だって大人はなぜかを明確にして説明しないとわかってくれないから。私も含めて。
 
でも子どもは、なぜ、なぜ?と、すぐ疑問を持って聞いてくるけど、
大人が説明するような理由を求めていない気がする。
なんで赤ちゃんは産まれるの?」大人が照れるような受精がどうのは求めていない気がする。
もっと神秘的な、いや本質的な解がほしいんじゃないだろうか。
私にとってあなたは産まれたほうがよかったんだよ、のほうが納得できそうな予感もする。
 
子どもは急に大人がドキリとするようなことを言う。

彼らはてつがくしているんだ、というらいおん(大人)みたいに考えているポーズもとらない。

ドキリとさせられるとき哲学しているんだな、と思う。

 

らいおんは腕組みしながら、子どもにドキリとさせられないよう偉い人のふりをする。

がおーっ(`□´)てね(笑)

 
腕組みしている大人って多いでしょ。
 
 
※昔々、子どもの頃読んだお話だから趣旨が違うかもですが。ご了承ください。